コンシダーマル そばかす

コンシダーマルとそばかす

 

 

コンシダーマルを浸けることによってそばかすを消したり、薄めたりすることは可能なのか?について書いてみました。基本的にそばかすってシミに似ているイメージですよね。ですが、そばかすとシミの大きな違いとして、

 

「そばかす⇒先天性」
「シミ⇒後天性」

のように分けられると言えます。

 

 

ですが、これも確実ではありませんが、ほぼこれで良いと言えます。
あとはそばかすとシミの違いとして

 

「そばかす⇒一定の大きさで斑点が揃っていてホッペた回りにある」
「シミ⇒大きさは様々でどこにでもできる」

 

という特徴で分けられると言えます。そして、そばかすはもう一つ「子供の頃に自然と消えてなくなるケースが多い」イメージもあると思います。私も実際このように認識していましたが、ちょっと違うケースもあるようです。

 

 

そばかすが思春期で消えきらないケース

 

 

そばかすは、思春期のターンオーバーが活性している時期にそのままなくなるケースが多いと思います。

 

 

 

子供の頃ポツポツとできていた斑点シミのようなものも高校3年生の頃にはスッキリ消えていた同級生もいたんではないでしょうか?

 

 

こうゆうことが多いですね。

 

 

しかし、そばかすが残るケースもあります。
そうすると、やはりシミと同じようにずっと残るのでケアが必要。
その際にコンシダーマルなどのオールインワンでケアしてあげることはとても大切です。

 

 

コンシダーマルはそばかすにも有効

 

 

コンシダーマルは基本的にオールマイティな化粧品、シミ、そばかすにも有効的だと言えます。この理由はラメラ構造がやはり一番のポイント

 

 

そして、次に肌に効果的な成分のバランスや配合。私もコンシダーマルを使用して驚いたことが「どんな肌トラブルに効果的というよりも全体的に効き目が高い」ということです。やはり浸透の技術が違うとここまで違うんだなと思います。

 

 

ラメラ構造に基づき化粧成分を配合しているので肌の正常化はやはり違ってきます。それがターンオーバーに繋がり、私の顔に出来ていた色素沈着も薄まり、ニキビも小さくなってきています。ただ、鼻回りの黒ニキビが炎症してシミとして色濃く残った部分に関しては、時間がかかりそうです。

 

 

 

なので症状によって部位が違えば治り方も変わってきますね。ですが、コンシダーマルは肌トラブルに万能でシミ、色素沈着はしっかりと私の肌も薄まりました。
さらに言えば、私も子供の頃から少しだけ残っていたそばかす部分もいつのまにか薄まっています

 

基本そばかすもシミ似た系統なので、大人になってもそばかすが残って気になっている人は使ってみた方が良いと思います。

 

 

>>コンシダーマルと毛穴
>>コンシダーマル支払方法

page top