コンシダーマル 支払方法

コンシダーマル支払い方法について

 

コンシダーマル支払方法が分けると4種類あります。
ただこれはコンシダーマルの購入方法を幾つか選ぶことができるコンシダーマルの公式での支払いになります。

 

詳しくはコンシダーマルの口コミページ経由で購入ページを見ることができますので、ご覧になってみてください。

 

 

コンシダーマルの支払方法としては、

 

  • 代金引換
  • クレジットカード
  • 後払い【コンビニ、銀行振替】
  • Amazon Pay

 

の4種類があります。

 

 

なので、支払パターンが多くストレスを感じません。私の場合ですと、基本的にクレジットカード支払いが嫌いな人間です。

 

なので、残りの3種の後払い or 代金引換で基本的に支払いを済ませます。

 

やっぱり情報が漏れるような気がしますし、テレビでもヘタにネット経由でカード登録をすると「○○会社不正アクセスで個人情報漏れ100万件」など日常茶飯事で放映されているので気になってしまいます。

 

 

何かの経由で詐欺にあってお金が搾取されるのも嫌ですし、支払方法が選べるコンシダーマルはそれだけで私としては大きなポイントになりました。

 

なので、買いやすかったです。
コンシダーマルに関しては代金引換で購入したので安心でした。

 

 

コンシダーマルの支払方法各種の詳細

 

クレジットカード

⇒VISA / ダイナース / マスターカード / JCB / アメリカン・エキスプレスなど基本的なクレジットカード会社との提携は全て大丈夫です。
請求書の欄目名には「コンシダーマル オフィシャルショップ」と記載されます。セキュリティは保護アリです。

 

 

代金引換

⇒引きの手数料として324円が発生します。なので、一番安心な購入方法な分少しだけ手数料は取られる形です。

 

 

後払い

⇒支払方法としては、コンビニと郵便局と銀行振り込みの3パターンが可能です。一律200円の手数料が発生します。
ですが、これも代金引換と同じように安全で手数料は若干安いです。請求書発行から14日までが支払期限なので、それは気をつけてください。商品が届いた時点で請求書が届いておりこれを切り取ってコンビニではレジをピッとバーコードに通して支払できますし、郵便局、銀行でも同様です。カンタンなコンビニでの支払いが私のおススメ。

 

 

amazonPay

⇒最近支払方法として加えられているamazonですが、これはamazonのネットショッピングを契約している人は同じ流れでできます。
情報入力などが短縮できる分メリットもあります。ただ個人的に情報流出の危険性があり、若干私みたいな性格の人は警戒されるのかな?と思います。ですが、使いやすいので気にしない人は良い支払方法だと思います。

 

 

コンシダーマルの上記支払方法は公式から

 

コンシダーマル支払方法は4種類あります。
ですが、これは公式と呼ばれると直接販売会社と買う方法なので、ネットショッピングよりも値段的なメリットや支払い方法の選択肢の数や必要な人は他の商品情報や保証などが優れている利点があります。

 

 

私も公式で購入していますが、ネットショッピング経由でも個人出品だと偽物が届く場合もあり以前私も被害を受けたので、おススメな購入方法です。

 

>>コンシダーマルのキャンセル、取り消し
>>コンシダーマルの口コミ

page top