コンシダーマル 日焼け止め

コンシダーマルの日焼け止めとしての機能

 

私が日差しが強い日にコンシダーマルを浸けている印象として、紫外線の相性はどうなのかについて考えてみると「相性は良い」と言えます。

 

 

この理由の1つは美容成分としての豊富さバランスもそうですが、一番の特徴が「ラメラ構造によるもの」と言えます。
やはりラメラ構造はお肌の理想系と言われる「水分と油分がミルフィーユ状」に整えていくように成分を浸透させる技術です。

 

紫外線はお肌へ攻撃的でそのまま触れさせ続けると、お肌の構造が破壊されてきます。

 

 

そのため、紫外線を浴び続けると「シミ」「くすみ」「たるみ」「シワ」などの肌トラブルが生まれてしまい非常に厄介なものへと変化させてしまいますね。

 

この紫外線対策としても「ラメラ構造」はとても密接にあると言えます。

 

やはりお肌の構造を整えることによって、カバーできる部分も多くあり必要不可欠なこと。日焼け止めを塗っているだけでは中々カバーしきれないので、コンシダーマルと併用されることもお勧めします。

 

 

他にも紫外線対策の美容液の併用は重要

 

やはりコンシダーマルだけでは紫外線対策としては、不十分だと思います。
ビタミンCを摂りいれることも重要ですが、それ以外でも通常の日焼け止めクリームなどを上手く併用してお肌をカバーされることをお勧めいたします。

 

そうすることによって、肌の寿命を長く保たせることに繋がると言えます。

 

個人的にもやはり日焼け止めだけでは足りないと思いますし、ターンオーバーの低下は弱まらせることはできても完全に止めることはできません。

 

 

なので、ベストな対処をしつづけることが大切だと思います。
本当にイヤになってしまいますよね(T。T)

 

でもやっぱり念には念をいれたほうが後で絶対に後悔しないと思うので、私はそうしています。

 

 

コンシダーマルは本当に万能

 

コンシダーマルはスキンケアとしても紫外線対策でも非常に万能です。
私も特に意識せずに浸けつづけていたら肌のキメが本当に回復して「ちょっとは5年前の自分に近づけたかな?」と思っています。

 

 

浸ければわかりますが、夏の紫外線、春、秋、冬問わず本当にいつの季節にも合うため気に入ってますし、本当に助かっているのでマジメに良い美容液です。ラメラ構造による肌を整える効果は本当に万能性が高いと思いますので一度使用されてみることをお勧めします。

 

page top