コンシダーマル 成分

コンシダーマルの成分について

 

コンシダーマルは私も使用していて思うことが、ラメラ構造だけでなく含まれている成分がしっかりしているためお肌に塗った時の効果がちゃんと肌に反映されやすく満足なスキンケアが可能なオールインワンだと感じます。

 

 

オールインワンとしての定期は「化粧水、乳液、クリーム、美容液等を1本で済ます役割」としてされていますが実際それだけではあまり意味ないように思えます。
大事なのは、「それらの役割をしつつ肌のスキンケアが完了される」というものが良いオールインワンだと考えていますが、正にコンシダーマルはそれに当てはまっています。

 

 

コンシダーマルの成分一覧

 

コンシダーマルスキンライズローションの全成分

 

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA−Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス−30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー、PPG−6デシルテトラデセス−30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール

 

 

上記がコンシダーマルの成分一覧になります。

 

羅列して書かれているためどれがどれだかわかりにくいと思いますので、カンタンに説明していきます。

 

 

保湿成分

 

BG、グリセリン、ベタイン、トレハロース、プラセンタエキス、セラミドNP、加水分解エラスチン、ポリ-ε-リシン、セリン、バリン、プロリン、トレオニンなどが該当しますね。

 

保湿を高めるため(水分を保持するため)に角質層にある天然保湿因子(NMF)や角質細胞間脂質(セラミド等)を補強するための成分として、保湿力もしっかりとキッチリ守られていますね。

 

 

潤い成分

 

セラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、エラスチン、ホホバ種子脂などが該当しますね。
肌表面や肌の角質層内部にも水分をキッチリ潤わせてくれる成分で配合してくれています。

 

 

エイジングケア成分

 

マリンプラセンタ、発酵プラセンタが該当しますね。
いわゆるWプラセンタエキスになりますが、これがお肌を若々しくハリ、つやのある肌へ必要な成分と言えます。

 

 

お肌の美容成分として非常に重要な「セラミド、プラセンタ、スクワラン、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸、オリゴ…」など肌に随所に必要であったほうが好ましい成分は全て抑えてあるのがコンシダーマルの特徴ともいえます。

 

 

これらの成分をラメラテクノロジーで浸透を助ける

 

 

上記のようにコンシダーマルお肌に対して非常に良い成分を含ませて作られているため、評判が使用者の間も良いです。

 

レビューとしてコンシダーマルの口コミを読むとわかるのですが、全体としての点数も非常に高く素晴らしいと言えます。

 

 

これは”ラメラテクノロジー”という特許技術を用いてさらに効果を高めるような作用もあり、人気も高いです。
芸能人の人にも好まれているのが、この素晴らしい相乗効果からなんでしょうね。

 

 

コンシダーマルは支払いも4種類から可能で申し込みやすくなっています。

 

 

成分としては総合的に見てもお肌の事を良く考えられて作られている化粧品でもありますが、ちょっぴり値段が高いのがネックですね(T□T汗)

 

ですが、コースによってコンシダーマルの購入方法を選べる買い方もあるので、本サイトに書かれている方法も見ながらご覧ください。

 

page top